個人再生とは

債務整理はしたい、でもマイホームを持っていて持ち家を手放すのは嫌という人は個人再生を選択するのが多いかもしれません。個人再生の特徴として、マイホーム購入時の住宅ローンは切り離してほかの借金を整理できるところに注目です。つまり住宅ローンさえ問題なく返済し続けることができれば、引き続きマイホームで生活ができます。

個人再生の場合、裁判所に認められれば現在の住宅ローンを除く借金の総額を1/5もしくは100万円の多い方に圧縮できます。ですから住宅ローン以外の借金の負担を大幅に軽減できます。個人再生の場合、1/5もしくは100万円の圧縮された借金を3年間で返済します。ですから3年で返済できるだけの収入がないと返済できません。ちなみに例えば体調を崩して仕事ができなくて収入が激減・ゼロになった場合、特例として2年間返済期間を延長することも可能です。

個人再生は理論上、自分ですべての手続きを行うことは可能になっています。しかしかなり手続きは複雑ですし、準備する書面などもいろいろとありますので法律の素人が全部こなすのは大変です。もし個人再生を検討するのなら、借金問題を専門的に取り扱っている弁護士や司法処理に依頼して手続き代行をお願いしましょう。