任意整理とは

債務整理の中でも短期間で問題解決できる方法として、任意整理があります。これは債務者と債権者が直接交渉のテーブルに着き、今後の借金返済計画を決めます。ちなみに債務者は弁護士を代理人として建てた場合、債務者自身がこの交渉のテーブルにのる必要はないです。交渉のやり方次第ですが、一般的には元金を3~5年で返済できるような計画を作ります。任意整理後の借金返済では、利息の支払いは一切なくなります。

任意整理のいいところは、文字通り任意に整理できる点です。例えば多重債務者の中には圧縮したい借金と「この人にはお世話になっているので必ず返済したい」借金もあるかもしれません。任意整理の場合、債権者全員を整理の対象にする必要はなく、取捨選択できます。他にある債務整理の方法の場合、裁判所を通すことが多いです。任意整理は裁判所を通す必要がないので、短期間で借金問題を片付けられる可能性があります。

しかし任意の整理ですから、相手が交渉に応じないのも勝手となります。意地悪い債権者の中には示談に応じないという強硬な姿勢でくる可能性も十分あります。また任意整理できるのは安定した収入のある人だけなので、パートやアルバイト、失業中であれば使えない恐れも出てきます。